ドローンサービス 料金と撮影の流れ

ドローン撮影基本料金 ※一回(一出張、一エリア)

50,000(税抜)~ 

  • 次のものは原則別途見積となります
  • 出張・移動交通費・ロケハン費、写真・動画のデータ支給費用、動画編集費用等
  • 航空法に基づく許可申請にかかる費用(必要と判断される場合)
  • パイロット1人による出張撮影の金額です。スタッフの増員の場合人件費別途お見積となります。

  • 要件・エリアによって金額が異なりますのでご了承下さい。
  • 飛行日程については、許可申請含む準備の関係もあり、原則として一ヶ月以上前からのご相談をお願いいたします。またあらかじめ複数の候補日をご検討下さい。
  • 場所や天候条件により、撮影の困難な場合がございます。
  • イベント飛行の場合は 事前に主催者や関係各所への打ち合わせ・許可が必要です
  • 写真と動画でデータ支給の金額が異なります。また長さや数量によっても変わります。
  • 写真と動画の同時撮影は行いません。
  • 撮影には、お客様の立ち会いを必須とさせていただいております。夜間飛行も同様です。
  • 一回の撮影で距離の離れた2エリアの撮影は原則お受けしておりません(例として異なる市町や山海、河川エリア等)回数を分け、別日の設定をご検討下さい
  • 一回の飛行目安として、3~最大10フライト程度で、一回のフライト時間約3~5分
  • 高度・距離 目視内 最大120m以下(天候による)※目視外飛行は取り扱っておりません。
  • 国交省の許可とは別に、国や自治体・警察・施設管理者へ連絡・許可が必要な場合がございます
  • 国交省以外の連絡・許可は原則お客様でお願いします。
  • 現在愛媛を中心とした四国エリアを中心としております(国交省への許可申請は日本全域可能ですが、撮影地点までの移動交通費が別途ご請求となります。)遠方への撮影についてはご相談ください
  • 安心安全の取り組み にて 撮影に関するご注意を記載しております。

撮影の流れ

1 お問合せ・お見積り

原則、一ヶ月以上前のお問い合わせをお願い致します。飛行日程については、あらかじめ複数の候補をご検討下さい。急なご依頼にはお応えできない場合がございます。

2 住所確認・必要に応じてロケハン

※技術・環境的に困難と思われるエリア・オーダー、または航空法を始めとする法律に抵触するエリア・オーダーと判断される場合、お断りする場合があります。場所(環境)が未定の場合も同様です。

3 日程調整、許可申請等手続き

※天候を鑑み、撮影指定日の他にあらかじめ複数の候補をご検討下さい。

※国土交通省 航空局、海上保安庁他、管轄各所に連絡が必要な場合がございます。特にイベントなどは別途国交省への申請とともに、安全対策について主催者側との打ち合わせが必要です。

※所在地の施設管理者や自治体・官公庁等への申請につきましては、お客様の方でお願いする場合がございます

4 フライト

※お客様から、立会を最低1名以上お願いします

※天候不順や風の強い日は現場当日であっても、弊社判断によりフライトを中止させていただくことがあります。

※フライトは、原則パイロットの判断にて飛行いたします。操作中の無理な指示は危険を伴うため、指示にお応えできない場合があります。

5 納品・支払い

※撮影後、映像または写真を確認していただきます(現場確認、または弊社クレジット入りにてストレージやYoutube限定公開等にてご確認)

※請求書をお送りします。お支払い確認後、データをお渡しします(別途契約にて定める場合を除く)

※悪天候の中止の場合、料金は原則頂きません。ただし出張費などドローン料金を除く金額をご請求させていただく場合があります。


空撮データを使った印刷物・動画・ホームページ・グッズなど手掛けております


当社は下記に属するものは受注しません。

  1. 公益に反するもの
  2. 風紀良俗に反するもの
  3. 他人を誹謗・中傷するもの
  4. 暴力団関係等
  5. 最右翼、最左翼関係等

※お問い合わせや打ち合わせ段階にて、上記に抵触すると判断した場合には掲載をその時点でお断りさせていただきます。